本文へスキップ

脱毛の仕組みについて教えて!

 

なぜ脱毛は回数が必要?

人間の毛には「毛周期」と呼ばれる生え代わりサイクルが存在しています。そのため、ムダ毛を抜いたとしてもすぐに下に新しい毛が準備しており、表面に出てくるのです。脱毛に回数が必要な理由はここにあります。

どんな脱毛方法を利用しても1回で処理できるのは表面のムダ毛だけです。表面に出ている毛は全体の3分の1といわれています。生え代わりの周期は体の部分ごとに異なり、年齢と共に変化もしてきます。例えば脇は伸びるスピードが速いにもかかわらず、毛の生え代わりサイクルは約4か月と遅めです。その一方で手や足は3ヶ月半〜半年と年齢別に異なります。思春期に近いほど生え代わりサイクルが早いのが特徴です。では、先ほどから出ている生え代わりサイクルとはいったいどのようなものなのでしょうか。

人間の体毛は毛母細胞が分裂することで伸び始めます。その過程で毛細血管から栄養を取り込むことで毛が太く丈夫になっていくのです。そして表面に出てくるのが所謂成長期というものです。そしてある一定の期間が経ち毛母細胞の分裂が止まると退行期に入り毛乳頭と毛の結合が緩んで自然と抜け落ちてゆくのです。これが生え代わりサイクルです。脱毛は成長期の毛に行わなければいけないので、生え代わりサイクルの把握は必ずしておきましょう。